トップ > 住宅ローン控除について

住宅ローン控除について

住宅ローン控除というのは、住宅ローンを利用してマイホームを購入したり、家を建てたり、すでに済んでいる家のリフォームを、平成25年の12月31日までにした人を対象としている制度です。購入や改築をした家に入居をした次の年に、税務署に申告すれば、サラリーマンであれば所得税が還付され、自営業など所得税を支払わなければならない人は、所得税から住宅ローン控除額を差し引いた金額を支払います。この住宅ローン控除を受けるには条件があり、まずはマイホームを取得してから、リフォームの場合は工事が完了してから半年以内に入居して、その後控除を受けた年の年末まですんでいなければいけません。

また、控除を受ける年の所得金額は3000万円以下で、入居をしてからの前後2年を合わせた5年間に、所得に対する特別控除や財産の買い替えをしていないことも条件になります。住宅ローンの返済期間は10年以上で、親族以外からの借り入れに限ります。また、マイホームの購入も、親族から購入する場合には住宅ローン控除の対象にはなりません。新築でも中古でも、リフォーム物件であっても、登記簿に記載されている床面積が50�u以上であること、中古の場合は築年数が20年以内、マンションなら25年以内の物件であるのも条件になります。ただし、新しい耐震基準に適合しているのであれば、築何年でも大丈夫です。

リフォームの場合には、工事費用は100万円以上かかっていることと、大規模なリフォームでなければいけません。つまり、バスルームのリフォームや、トイレの修繕、キッチンの模様替えなどでは適用されないということです。ただし、省エネ対策のための改築であれば適用されます。このように、住宅ローン控除に関する要件は、細かく決められているので、詳しいことは税務署に問い合わせをして確認することをお勧めします。

関連エントリー
  • 住宅ローンの自己資金比率
  • 住宅ローン控除について
  • 住宅ローンを組むには
  • 住宅ローンの返済方法
  • 独身女性のマイホームローン
  • 住宅ローンの選び方
  • 山陰合同銀行で2400万円の住宅ローンを組みました
  • 住宅金融支援機構のフラット35から三菱東京UFJ銀行への借り換え

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.