トップ > マンションと一戸建ての違い

マンションと一戸建ての違い

マンションにはマンションの、一戸建てには一戸建てのメリットやデメリットがあります。まずマンションですが、例えば一戸建てと同じ価格でも、一つの敷地にたくさんの家を積み上げているのと同じことなので、利便性が高い土地に住むことが出来ます。また、スポーツジムのような施設やコンシェルジュがいたりして、共有部分が充実している物件もありますね。郊外のマンションなどは、1階の部屋だと専用の庭が付いているところもあるので、一戸建てのような感覚で住むことも出来ます。

また、セキュリティに関しても、オートロック機能が付いていたり、上階に行くほど空き巣に入られにくいという利点もあります。デメリットといえば、ペットに関係する制約があったり、隣近所への生活音への配慮が必要ということ以外に、増改築が自由に出来ないという物件もあります。ですから、自宅で自由気ままにしたい、という方には向いていないかもしれません。その点、一戸建てなら、住むことに関しての縛りは一切ないのがメリットと言えます。また、土地も自分のものなので、不動産価値が高くなります。

どちらにしても、住居に関する修繕というのはいつか必要になりますが、マンションでは必ず毎月徴収されます。一戸建てに住んでも、いずれ必要になるお金ですが、自分の裁量でどうにかなるものなので、マンションのほうが負担が大きいですね。また、その修繕に関しても、マンションでは自分で時期を決められません。財産の観点から見ると、一戸建ては建物の資産価値がマンションよりも早く下がります。ただし、土地が残るので、その分はマンションよりもいいと言えますが、マンションは建物が残ります。このように、どちらの物件がいいかというのは、それぞれのメリットとデメリットをよく比較して、最終的に自分で判断するしかありません。

関連エントリー
  • マンションと一戸建ての違い
  • 新築と中古物件の違い
  • 介護の便利屋さん
  • 外壁って重要です
  • 家のインテリア
  • 壁紙の自由化

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.