トップ > 預金連動型住宅ローンについて

預金連動型住宅ローンについて

預金連動型住宅ローンというのは、預金があれば住宅ローンの金利がかからないというユニークなローンです。どんなに余裕をもった返済額を設定していても、借入をしている方というのは、貯金がある程度溜まると繰上げ返済をします。繰り上げ返済というのは、月々の返済額とは別にして、ローンの一部か全額を返済してしまうことです。毎月払っている返済額は、すべてが元金の返済というわけではなく、その中に利息の返済も含まれています。

でも、繰上げ返済で支払う金額というのは、まるまる元金の返済に充てることが出来るので、元金の残金が減ることになります。その分、利息を減らせるから、元金と利息を合わせた総額借入額も減らせるのですね。ですが、貯金が出来た分を支払ってしまうと、何かあったときに自由に使えるお金がなくなってしまうことがあります。そこで注目されるのが、貯金は貯金としてとっておけて、でも住宅ローンの金利を下げることが出来る預金連動型住宅ローンというものです。

預金連動型住宅ローンは、例えば、2000万円の借入があって、1000万円の預金がある場合、それを借入する銀行に普通預金か外貨普通預金で預けていれば、その預金金額を差し引いた1000万円に対しての金利しかかからないというローンです。つまり、預金を増やしていけばいくほど、金利がかからない元金分が増えるということですね。ただし、普通預金の金利は0になってしまいます。もし、預金を運用したい方は、外貨普通預金なら運用しだいで金利がつくので、リスクはありますが外貨普通預金で預けてみるのもいいでしょう。

関連エントリー
  • 住宅ローンの金利タイプ
  • 預金連動型住宅ローンについて
  • フラット35の特徴
  • フラット35+労金住宅ローンの2重ローン

女性の方はぜひ女性向け医療保険の選び方【口コミよりも自分で決める!】ご覧ください。

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.