トップ > 住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンの金利というのは種類があって、それぞれ借りる人に合わせてタイプが変わってきます。まずは、長期固定金利型という金利タイプがあります。これは、借入をするときに金利が決定するもので、返済している期間の金利が変わりません。ですから、借入をするときに、金利も含めて自分がいくら借入をするのかというのが分かります。メリットとしては、返済額が決まっているので、将来的に自分のお金の設計がたてやすいことです。

また、もし低金利のときに借りることが出来れば、社会情勢が変わって高金利になっても、低金利のままで支払っていくことが出来ます。逆に、高金利のときに借りてしまうと、いくら低金利の時代が来ても高金利のまま支払わなければいけないというのがデメリットとなります。次に変動金利型という金利タイプがありますが、これはその名の通り、社会情勢にあわせて金利が変わるものです。一定期間は金利が固定になりますが、5年数ごとに金利の見直しがあります。

見直し後に新金利が設定されますが、金融の情勢によって上がることもありますし、下がることもあります。ただし、金利が上がりすぎて返済が出来なくなるということがないように、返済額の増額は1.25倍までという特約があります。変動金利というのは、金利が下がればメリットがありますが、金利が上がるとデメリットになります。

3つめは、固定金利期間選択型というもので、3年、5年、10年の固定期間から自分で選びます。固定金利の期間が短ければ、低金利が適用されるメリットがあります。この金利タイプは、例えば3年ならば、お金を借りてから3年経つと金利の見直しがあります。もしかしたら金利が下がるかもしれませんし、上がることもあるかもしれないのは変動金利タイプと同じです。ただし、返済額の増額や減額に制限がないので、金利が大幅に上昇してしまった場合、返済額もその分増額するので返済出来なくなってしまうというデメリットがあります。

関連エントリー
  • 住宅ローンの金利タイプ
  • 預金連動型住宅ローンについて
  • フラット35の特徴
  • フラット35+労金住宅ローンの2重ローン

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.