トップ > 上京物語

上京物語

"初めて引越しをしたのは20歳の頃でした。
若かった当時の私は、東京という土地に憧れて実家を飛び出したのです。
貯金がそんなになかったので、就職は家賃補助が出る会社を選びました。

初めての一人暮らし。
幸い、入社した会社がアットホームな雰囲気だった為、寂しさはあまり感じませんでした。
何よりも、一人暮らしというものは本当に忙しい
バリバリ働いて帰宅して、今度は家事に追われるのである。
これでは寂しいだなんて考える余裕もない。
あれよあれよという間に早7年。
支社が多くある会社なので、単身の引越しは7年で5回経験しました。
始めの2年ぐらいは家具を揃える時間も気力もなく、
会社の車を借りて、自分で運搬したものです。

実家にはたまに帰りますが、やはり両親や地元の友人は
「帰ってこないの?」と言ってくれます。
20歳の頃、憧れと不安を胸に上京した私でしたが、
今となっては社会人として過ごした期間が長い東京をなかなか離れることができません。
憧れなどは幻でしたが、20歳の頃の一つの大きな判断で、
私は大分たくましくなったと思います。"

関連エントリー
  • 相互リンクについて・link集
  • 上京物語
  • 賃貸物件探しに便利なサイト

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.