トップ > 住宅ローンの諸費用

住宅ローンの諸費用

住宅ローンというのは、提示されている家の販売価格以外に、もろもろの諸費用がかかります。ですから、例えば1000万円の家でも、1000万円のローンを組めば大丈夫ということでありません。住宅を購入する時の諸費用というのは、物件価格の約5%から10%ぐらいがかかります。マンションや中古住宅、新築物件や優良住宅などによって変わってくるので、一概にいくら、というのは言えませんが、諸費用の内訳というのはほぼ同じです。

まず、売買契約を交わす時に、不動産屋さんに支払うもので、売買契約書への印紙税と、不動産屋さんに支払う仲介手数料、ローン契約成立の手数料がかかります。ローン契約に関する諸費用は、ローン保証料、ローン契約書へ添付する印紙税、ローン契約に必ず必要な火災保険料です。また、自分の家になるのですから、登記に関する諸費用も発生します。まずは、土地や建物の所有権が自分に移行するので、登録免許税という税金と、その書類作成を司法書士の方に依頼するのであれば、その費用もかかります。

入居した後には、不動産取得税や住む地域によっては都市計画税など、もろもろの税金もかかってくることになります。固定資産税は毎年かかるので、ローン返済以外にも毎月積み立てておいた方がいいかもしれません。ほかにも、ローンに関するものではありませんが、引越しにかかる費用などもあるので、自己資金を用意するのであれば、購入する家の地域でかかる税金や引越しの見積もりなど、事前に調べておく必要があるでしょう。

関連エントリー
  • 住宅取得資金贈与について
  • 住宅ローンの諸費用

ブライダルエステ 大阪http://xn--ecki5c0a6a5f7fsa7183gurtg.net/

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.