トップ > 住宅ローンの選び方

住宅ローンの選び方

住宅ローンには、金利タイプや返済期間、返済方法など細かく違いがあります。また、借り入れをする金融機関によって金利も違います。こういった細かい条件の中から、自分にとって一番良いローンを選ぶというのは、とても難しいことかも知れません。単純に考えてしまえば、金利が安くすむ方法がいいと思ってしまうかもしれませんが、金利が低い金融機関は借り入れ条件が厳しいものです。借り入れ期間を短くして利息を少なくすると言う方法もありますが、この場合は毎月の返済額を多く払わなくてはいけません。

ただし、ローンを組んだ時は返せる金額だったとしても、子供の成長によって学費にかけなくてはいけない割合が増えたり、ボーナスやお給料が減額されてしまった場合など、支払いが困難になってしまうことも考慮しておく必要があります。利息はかかってしまいますが、余裕をもった返済額に設定しておいて、あまった分は毎月貯蓄をして将来設計を立てながら、余裕がある時に繰り上げ返済をするほうが、確実に返済も出来て利息額も減らすことが出来ます。

また、年齢によってもローン形態は気をつけなければいけません。例えば、20代の人が長期固定型のローンタイプにするのは問題ありませんが、40代の方だと長期にわたって返済するのは難しいかもしれません。40歳で30年の返済だと完済時は70歳になってしまいます。いくらローンが組めても、自分の年金や老後の生活費用も考慮しておかなければ、家を手に入れても生活が出来なくなってしまうかもしれません。

このように、人によって選べるローンタイプに制限があったり、希望のローンを組むための条件などがあるので、マイホームを購入すると決めたら、返済額、返済期間、金利、借り入れ金額などポイントを絞って早めに住宅ローンの検討を始めるようにしましょう。

関連エントリー
  • 住宅ローンの自己資金比率
  • 住宅ローン控除について
  • 住宅ローンを組むには
  • 住宅ローンの返済方法
  • 独身女性のマイホームローン
  • 住宅ローンの選び方
  • 山陰合同銀行で2400万円の住宅ローンを組みました
  • 住宅金融支援機構のフラット35から三菱東京UFJ銀行への借り換え

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.