トップ > 住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法

住宅ローンには、返済方法が2種類あります。まずは元金均等返済というもので、これは、毎月の元金の返済額が一定になっているもので、それに利息金額を上乗せした金額が毎月の総返済額となるものです。単純な計算式で例えてみると、元金24万円を金利3%で借りて1年で返済する場合、元金の返済額は月々2万円になります。最初の月の利息は24万円に対してかかりますが、次の月は元金が22万円になるので、この金額に対して利息がかかります。最終月には2万円に対して3%の利息がかかるということです。

ですから、「毎月2万円の元金返済+元金の残金にかかる利息3%=毎月の総返済額」が元金均等返済で支払っていく金額になります。これはあくまでも単純に計算できるようにした例えなので、正確な計算式ではありませんが、元金均等返済のイメージをつかみやすいのではないでしょうか。この返済方法のメリットとしては、毎月確実に元金を減らせるので、元金にかかる利息が少なくなることです。ただし、返済をし始める当初は、返済額の負担が大きいので、月収が多い人向きの返済方法と言えるでしょう。

もうひとつは、元利均等返済といって、毎月支払う返済金額がローン返済まで一定額になっているものです。この返済方法の場合、例えば毎月の返済額が3万円だとしたら、その内訳は元金と利息となりますが、その割合が違います。ローンの返済が始まった最初は利息の割合が多くなっていますが、返済をしていくほどに元金の割合が多くなるというものです。単純な例で考えると、毎月の返済が3万円の場合、最初の返済額の割合は、元金が1万円、利息分が2万円だとしても、半年後には元金、利息の割合が15,000円、最後は元金が2万円、利息が1万円になるというイメージです。

元利均等返済のメリットは、毎月の支払額が一定なので、生活費の管理がしやすいと言う点ですね。貯蓄もしやすいと言えるでしょう。ただし、元金の減り方が遅いので、利息がその分かかってしまうのがデメリットになります。返済方法は、自分の仕事や月収、生活スタイルなどをよく考えて決めるようにしましょう。

関連エントリー
  • 住宅ローンの自己資金比率
  • 住宅ローン控除について
  • 住宅ローンを組むには
  • 住宅ローンの返済方法
  • 独身女性のマイホームローン
  • 住宅ローンの選び方
  • 山陰合同銀行で2400万円の住宅ローンを組みました
  • 住宅金融支援機構のフラット35から三菱東京UFJ銀行への借り換え

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.