トップ > マイホームの頭金

マイホームの頭金

家賃というのは、人それぞれ違いはありますが、平均的には月収の約4割を占めるもので、かなり大きな負担と言えます。それだけの負担をしていくのであれば、マイホームを買っていずれ自分の財産にしたい、というのは当然の欲求と言えるでしょう。ただし、家賃と同じぐらいのローンの返済額を払えるとしても、住宅ローンというのは一度組んだら返済するまできっちり支払っていかなくてはいけません。

家賃であれば、収入に合わせて低いところに住み替えたりすることも出来ますが、ローンを組んでしまうと、その返済額を安くするということはほとんど出来ません。ですから、マイホームを購入する場合は、出来るだけ頭金を貯めて、月々の返済額には余裕を持つことが大事です。頭金をいくら貯めればいいかというのは、自分でどれぐらい毎月返済が出来るかによって変わってきます。

3000万円の家が欲しい場合、頭金が20%の800万円だとして、2400万円のローンを組むとします。単純に借入期間が35年で金利3%で計算すると、月々の返済額は約85000円になります。もしも、この返済額がきついようであれば、さらに頭金を貯める必要があるということですね。では、具体的にどうすれば頭金を貯めることが出来るのでしょうか。節約を心がけて、生活費の余った分を貯金するというのも一つの手ですが、これだけでは頭金のような大きい金額を貯めるのは難しいでしょう。

一番いいのは、お給料から自動的に引き落としされる貯蓄です。特に、会社が財形制度をしていれば、財形住宅貯蓄というものが利用できて、利子が非課税になるというメリットがあります。自分で頭金専用の預金口座を作るというのもお勧めです。ポイントは他の預金とは全く別にして、キャッシュカードも作らないようにすることです。こうすれば、引き出すのが面倒なので引き出しませんし、目標額までをきちんと把握できます。とにかく、毎月決めた金額をすぐに預金してしまうというのが早く頭金を貯める方法です。

関連エントリー
  • マイホームの頭金
  • マイホームの借入可能額

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.