トップ > フラット35+労金住宅ローンの2重ローン

フラット35+労金住宅ローンの2重ローン

両親から独立して公団住宅に10年近く住んでいましたが、同じ区内の湾岸地域が行政指導の環境推進区域に指定され、テレビでも取り上げられるような美しい街になりました。
結果として、その街の住民になりたいという思いが先行し、分譲マンションを約7年前に購入しました。
住宅ローンは、当時も低金利で、ちょうどフラット35の制度ができた時期です。
私は、サラリーマンでしたから、超低金利且つ繰り上げ返済などに一切手数料のかからない労金を選びました。
フラット35+労金住宅ローンの2重ローンです。
月々12万円と、ボーナスは約50万円の返済をしています。
かなり厳しい返済額ですが、それ以上上昇も下降もしないので、人生設計は十分可能です。
住宅購入前の賃料が約10万円だったことを考えると、ボーナス支払い分がプラスになってしまいますが、最終的に資産として残ると思えば、安いものです。
お陰様で、東日本大震災を経て、湾岸地区の建物評価が軒並み低下しましたが、私の物件は、まだまだ高値水準を維持しています。
そして何より、家内がこの街に来て、このマンションに入居したことで、とても充実した毎日を過ごせていると喜んでいることが、住宅ローンの厳しさよりも、ずっと私の心を癒してくれます。
したがって、住宅ローンを組むこと、それ自体が大きな問題ではなく、自分にとってどれだけ魅力的な住まいを見つけるかが、ポイントなのだと思います。
ローンは知らないうちに減っていくものです。

関連エントリー
  • 住宅ローンの金利タイプ
  • 預金連動型住宅ローンについて
  • フラット35の特徴
  • フラット35+労金住宅ローンの2重ローン

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.