トップ > フラット35の特徴

フラット35の特徴

フラット35というのは、長期固定型の住宅ローンで、住宅金融支援機構と民間の金融会社が提携をして、独自の審査基準で融資を行うものです。フラット35の特徴はいくつかありますが、まずは住宅ローンの金額が通常の住宅ローンよりも高額だということです。借り入れできる金額は、物件価格の80%というのが普通ですが、フラット35は最大90%まで借り入れできます。また、融資金額の幅も広く、100万円から8000万円まであるので、高い物件でも1社で借り入れが済んでしまいます。

もし、どうしても自己資金がない場合、他社で80%分のローンを組んで、残りの20%や諸費用分をフラット35で借り入れをすることも出来ます。返済期間は最長35年間あり、また、長期固定金利なので余裕をもって返済できますし、貯蓄や将来設計もたてやすいでしょう。借りた時の金利にもよりますが、いずれにしても金利が上昇するかしないかは金融情勢次第なので、金利が固定の方が安心できますよね。

住宅ローンを借り入れするときに、普通の金融会社の住宅ローンでは、保証料がかかるものですが、フラット35なら必要ないので初期費用が安く出来ます。家を購入する時というのは、何かとお金がかかるものなので、こういったことでもかなりの負担減になりますね。また、繰上げ返済をする場合、1回につき意外と高額な手数料がかかりますが、それも0円で出来ます。フラット35なら、借り入れだけではなく、払わなくてはいけない細かい費用がないので、それも魅力と言えます。

関連エントリー
  • 住宅ローンの金利タイプ
  • 預金連動型住宅ローンについて
  • フラット35の特徴
  • フラット35+労金住宅ローンの2重ローン

Copyright ©  マイホームローン【住宅ローン】の借り入れガイド All Rights Reserved.